犬のALP【高値を刺している場合】

スポンサーリンク




犬のALP【高値を刺している場合】

 

犬のALP・GPT数値を劇的に下げる方法とは?
犬のALP・GPT数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにALPが200超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにもお得なコストがかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

異常がなく臨床症状もない場合でALPのみの上昇が認められる事もあります。が、値がかなり高値ですので何かしら原因が存在する可能性が高いかと思います。

 

イヌでは、血液検査で血清アルカリフォスファターゼ値が高値となった症例をよく見かける。血清ALPが高値であることを診断マーカーとして利用している典型的な例は、胆汁うっ滞性肝疾患です。

 

ALP値が著しく高くなった場合、そのアイソザイム(同じはたらきをするが分子構造は異なる酵素群)を測定し、どれが多いか見極めることが診断の重要な手がかりとなります。ALPアイソザイムの6種類(ALP1〜6)について、高値のとき疑われるは病気は様々です。

 

肝臓は「沈黙の臓器」と言われ、障害があってもなかなか症状には表れず、見た目にはその障害がわからないため、見逃されることが多い臓器です。
ですのでなかなか「肝臓が悪そうだから検査しましょう」とはなりづらいので、少しでも肝臓をケアしていくためには、定期健診が必要です。

 

症状が現れる頃には、犬の肝臓の3/4以上は障害を受けています。場合によっては、死亡する1ヶ月前になって初めて症状がみられ、末期の肝硬変を呈していることもあります。ALTの高値傾向がみられる犬は、定期的に血液検査を行ってモニタリングしておくのがいいでしょう。

▼肝臓数値が高いならカナガンドッグフード!詳細はこちら▼

 

犬のALP・GPT数値を劇的に下げる方法とは?
犬のALP・GPT数値を食事のみで治す!安心安全でワンちゃんにも負担がかからない方法
犬は元気なのにALPが200超え?
獣医さんもお手上げだったのに下げることができた唯一の対策!これなら下がる!
肝臓数値は下がりにくいと思ってませんか?
これなら安心!飼い主さんにもワンちゃんにもお得なコストがかからない秘密
犬の肝臓数値を下げる最新の方法
たった○○をするだけ!あなたが知らなかった最新の治療法とは?

 

犬のALPが上昇する?対処法は?

多くの場合、肝臓と骨の異常により血液中で上昇します。ALPは肝臓から胆汁中に流れ出します。胆汁とは肝臓がつくる液体で胆管という管を経て十二指腸に流れていきます。...

≫続きを読む

犬のALP【高値を刺している場合】

異常がなく臨床症状もない場合でALPのみの上昇が認められる事もあります。が、値がかなり高値ですので何かしら原因が存在する可能性が高いかと思います。イヌでは、血液...

≫続きを読む

犬ALP【クッシングと診断されることが多い?】

クッシング症候群は別名で副腎皮質機能亢進症と呼ばれる病気です。体内に分泌される副腎皮質ホルモンが多くなりすぎてしまう病気ですが、いうなればステロイド剤を飲み続け...

≫続きを読む

犬ALP【ストレスあると病気を併発する?】

犬種によっては断られると書きましたが、見方を変えれば一部の犬種にしか耐えられないような環境と言えるでしょう。そんな劣悪な環境である飛行機に愛犬を乗せた場合、どの...

≫続きを読む

犬のALP【血液検査で高い場合命の危険が?】

ステロイド剤を使いはじめてからALPが上昇してきたなら、おそらく原因はそれでしょう。ALPが高くなる原因はさまざまで、考え始めるとキリがないかもしれません。まず...

≫続きを読む

スポンサーリンク