犬の肝臓数値のALPが高い!下げる秘訣とは?

 

あなたはこんな悩みをお持ちではありませんか?

愛犬のGPTが通常の2倍、3倍の高さ
肝臓の数値が高いのをどうにかしたい
肝臓に生れつき障害がある
空腹になると胃液を吐いてしまう
胃腸が弱く、消化がうまくできない

 

 

可愛い家族ですから、体調が悪いと心配になちゃいますよね。

 

愛犬の肝臓の数値が高い原因は一体何なのでしょうか。

 

高い原因はグルコサミンとコンドロイチン不足

 

肝臓の数値が高い原因は
この栄養素はワンちゃんの身体の中で作ることができない栄養素なので、食べ物で補う必要があります。

 

しかし、肝臓が悪い時は消化がうまくできないので、効率的に栄養を取ることが難しいんですね。
そんなときは、栄養補助としてフードで補うようにすると消化が効率よくできるので、負担なく栄養摂取ができるようになります。

 

フードを選ぶときは、グルコサミンとコンドロイチンが豊富なものを選ぶようにすると数値が下がりやすくなりますよ^^

 

グルコサミンとコンドロイチンが豊富なドッグフードを

 

愛犬の肝臓数値が高い原因を解消する方法は、グルコサミンとコンドロイチンが豊富に含まれているドッグフードを与えるようにすると数値減少に効果が期待できます。

 

数値が高い原因は血液中の栄養が減少することで数値(GPT)が高まるので、
グルコサミンとコンドロイチンを積極的に摂取することで数値を下げることができるため、治るという事なんですね。

 

他にも栄養を摂ることでシニア犬の寿命が延びるなど、グルコサミンとコンドロイチンには健康維持にも大変良いとされているんです。
生活環境や食生活が良くなることによって、ワンちゃんの具合いも改善し元気になってきますよ。

 

グルコサミンとコンドロイチンを多く含む評判のいいカナガンドッグフード

 

このフードは、グルコサミンとコンドロイチンの他にも野菜の風味と高い栄養価が濃縮されており、野菜が持つビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素を効率的に吸収することができます。

 

肝臓の数値が高いワンちゃん、消化吸収で胃に負担がかかりやすいシニア犬にも最適ですよ。

 

カナガンドッグフードは、人間でも食べられる高品質な原材料を厳選して作られているので、愛犬の身体を、第一に考えた飼い主さんから人気のドッグフードです。
あなたの愛犬の数値が改善して、早く元気になるといいですね^^

 

⇒ カナガンドッグフードの詳細はコチラをクリック!

 

管理人イチオシの肝臓数値を下げるドッグフードランキング

とても大切な存在の飼い犬にあげるドッグフードですから、カナガンドッグフードのようにすべての原材料にまで気を配った商品を選びたいですね。
基本的にイギリス産のものを使用しているようで、安心感も抜群です。

 

ALP、GPTが高めのワンちゃん、食欲がない元気がないワンちゃんに最適です。カナガンドッグフードは体の機能が低下しているシニア犬にもおすすめですが、体を作る幼少期の子犬にもおすすめなんです。
犬を大事に想う愛犬家のサポートをしてくれる安心安全な犬用サプリメントの決定版。

 

⇒ 1位のおすすめフードの詳細はこちら

 

安心の1カ月以内返品保証!
「犬康食・ワン」は15年愛犬家の間で使用されている人気サプリメントですので、もうご存知の方もおられるかもしれません。

 

原料にこだわった3つの伝統素材と乳酸菌を使用し、人間と同じ栄養素で愛犬の長生きをサポートしてくれます。
免疫力をサポートする【霊芝】、ストレスをサポートする【エゾウコギエキス】、毎日の活力をサポートする【田七人参】をギュッと詰め込み、更に生きたまま腸に届く有胞子性乳酸菌をプラスすることによって腸内環境の健康を保持してくれます。

 

⇒ 2位のフードの詳細はこちら

 

ネルソンズはイギリス産のドッグフードで、イギリスでは大きな犬も多く飼われていますが、日本では小さな犬を飼うご家庭が多いです。
そのため日本に輸入されているネルソンズは小型犬でも違和感なく食べて貰えるように、一粒の大きさも日本サイズにされています。

 

定期コースは最低3回は継続しないと解除できないので注意が必要です。
定期コースの周期は最短で1週間ごとで最長が13週間ごとまで設定することができるので、足りなかったり余ってしまうこと無く調整出来ます。

 

肝臓にもいいんですが、こちらもお値段がネックですね。モノはいいんですが私は一度しか買いませんでした。

 

⇒ 3位のフードの詳細はこちら

 

 

うちのワンコにも最適で数値を下げることが出来ました

ALP、AST、ALT、γ-GTP数値すべて下げることができました。
カナガンドッグフードは、吸収が非常にしやすくアミノ酸が配合されたドッグフードです。
水溶性食物繊維等、野菜の良い成分をバランスよく配合しているため、野菜をうまく消化することが出来ないワンちゃんにぴったりな栄養食品でしょう。

 

カナガンドッグフードを摂ることで、肝性脳症や低たんぱく血症、炎症性腸炎等さまざまな病気から愛犬を守ることが出来ます。
肝臓から健康になるからこそ、ペットの長生き、健康にも繋がるんですね。

 

カナガンドッグフードは人間でも食べられる厳選された原材料が使われており、愛犬の身体を健康にしてくれる効果がたくさんあるんです。
使用する原材料はすべて人間も食べられるものに厳選し、犬が本当に必要な栄養素だけにこだわったおかげで健康で安全なドッグフードが生まれているんですね。

 

⇒グルコサミンとコンドロイチンを多く含むカナガンドッグフードはコチラ

 

 

検査のたびに基準値をオーバーするのであれば、まずは肝臓もしくは胆管系の病気が考えられます。
ステロイド剤を使いはじめてからALPが上昇してきたなら、おそらく原因はそれでしょう。
ALPが高くなる原因はさまざまで、考え始めるとキリがないかもしれません。
ALPは、肝臓、骨、小腸、胎盤に多く含まれている物質なので、このような臓器に異常がある場合は数値が上昇します。この中でも特に肝臓と骨に異常があるときにALP値は増加すると言われています。
GLU…血糖値。高いと糖尿病の可能性。低いと低血糖を起こしているので、子犬の場合注意が必要。
AMY、LIP…膵臓に関する項目。高いと膵炎の可能性。
TG、CHOL…体脂肪にコレステロール。高ければオヤツを控えたり、ダイエットの必要があるかも。
Ca、P…代謝に関する項目で、子犬は高くなりやすい。
正直な所、僕たち獣医師にも肝臓の数値(GPTやGOT,ALPなど)が高いだけでは『何が原因で肝臓の細胞に負担をかけているか?』までは分かりません。
その子の年齢や犬種、体格、その子の食生活で予想がつく事は有りますが確定的な事までは言えないのが本音です。
白血球では、正常値(9000〜17000μ)より高い場合、白血病等の危険性があります。ALP数値が正常値(20〜140μl)よりも高いときには、肝臓系の病気や、骨に何らかの問題があるときに、ALP数値は高くなる傾向があります。